忍者ブログ
ワンダーフェスティバル2012もうすぐ!? 『禁書目録』新作出ますけど間に合うといいな!                                          ユカイでうっかりなカーモさんの綴る、最近浮気気味な愛と悲しみのフィギュア制作日記
2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここまではエポキシパテを使用して、前後髪パーツを製作したカーモさん。
WAVEの軽量パテを、ちょうど1本使い終わっちゃっいました。
つまり……

ファンドの出番です。

マテリアルスキーが災いして、ついつい買ってしまったファンド。
一度使ってみたい!とは思っていましたが、ここで投入するのはどうなんだ?
慣れた素材を使ったほうがよくないか?
つぅかエポパテにそこまで慣れてるのか?

まぁ、そんなこたぁどうでもいいんですケドね。


というわけでカーモさん、さっそくファンドをこねてみます。
このファンド、いわゆる「高級紙粘土」。
粒子が細かくなめらかで、細工物に向いているので、手芸用品店などにおいてあります。
石粉を混ぜてある偉い紙粘土だと思ってください。
柔らかで手触りもよく、パテと比べると粘着力が低いので、細かい作業に向いてそうです。
ためしにスパチュラでなでてみると、驚くほど形を出しやすい。

これならいけるっ!

カーモさん、ムダに単純です。
で、腕・胴体・脚の製作にいく前に、デフォルメ巧晶の素体に挑戦してみます。
頬がぷくっとしてて、手足は先が細いタイプがいいなあ……
なんて漠然と考えながらファンドをコネコネ、スパチュラをグリグリします。
ふっはぁ~、カイカン……
いいですわ、ホンマいいですわ。
スパチュラにマテリアルがくっついてこないって、こんなに気持ちいいとは。
しかも粒子の細かさもあって表面がきれいに仕上がります。
柔らかいのでヤスリの扱いには注意が必要そうですが、こりゃ表面処理ラクチンだね。
細かい部分などの感想時間の差は気になりますが、ちょいと湿らせればすぐ復帰します。
現在のところ、不満のない使い心地かもしれませんね。


弱点は乾燥が遅いことなんですが(笑)。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
故あって応援中
カウンター
最新記事
プロフィール
HN:
賀茂澤“camomile”芹太朗
性別:
非公開
職業:
作ったり造ったり創ったりを
お手伝いするナンデモ屋さん
趣味:
お仕事と区別できない諸々
ブログ内検索
アクセス解析
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]