忍者ブログ
ワンダーフェスティバル2012もうすぐ!? 『禁書目録』新作出ますけど間に合うといいな!                                          ユカイでうっかりなカーモさんの綴る、最近浮気気味な愛と悲しみのフィギュア制作日記
2017/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
朝、少しだけ早起きしてトップの合体劇場版を見てきましたよ。
やっぱりうまく作ってたんだなあと、ひとしきり感心。
18年前ですよ、18年前。
「よくできてる」=「面白い」作品になりがちな昨今なだけに、
いろいろ考えることしきりでございましたよ。
時間と金と人手かけりゃいいってモンじゃないし、動きゃいいってモンでもないし。
ヒドイ作品が増えれば増えるほど、普通であることの価値があがるとも言いますが。

閑話休題。


予告の週末、できあがっているシリコーン型にレジンを流し込みたい所存であります。

えー、まず。

クサイです(笑)。

言うてしまえば石油ですので、特有のニオイがして当たり前なんですが、クサイ。
子供の頃にガソリンスタンドで泣きそうになった思い出がよみがえります。
型は頭部と胴部のふたつ、それほど大きくないのでレジンの量も少ないのですが、これがクセモノ。
レジンはA液B液の2液を1:1混合することによって反応、硬化を始めるのですが、
当然のように、量が少ないほど、混合比からの誤差がシビアになるのです。
通常、型に水を入れて計量容器に移し、その半分の容積のA液を計量、
同じ重量のB液と混合という手順をふみます。
カーモさん、メンドクサイので目分量で進めましたが……
4グラムずつってどうよ。
用意した電子スケールは1グラム単位でしか計量できないし、どこまで誤差が許されるのかもわからない。
メンドクサイので(またか)A液B液を量りながら同じ容器にチョロチョロと流し入れ、
慌てず騒がずゆるりと、しっかりかき混ぜたあと、型に流し込んで硬化を待ちます。
数分も経たないうちに反応熱を発しながら硬化してくれました。

ドキドキでしたね!

切れ込みも深くなかったためか、型を固定しなくてもきれいに成型できました。
なんだラクチンじゃん(笑)。


というか、次はついに割型に挑戦ですよ……メンドクサイ。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
故あって応援中
カウンター
最新記事
プロフィール
HN:
賀茂澤“camomile”芹太朗
性別:
非公開
職業:
作ったり造ったり創ったりを
お手伝いするナンデモ屋さん
趣味:
お仕事と区別できない諸々
ブログ内検索
アクセス解析
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]